最新情報

2014年9月25日女性の資格
フラワー装飾技能士
2014年5月10日女性の資格
弁理士の資格
2014年4月24日女性の資格
宅地建物取扱主任者の資格
2014年4月13日女性の資格
マンション管理士
2014年3月25日女性の資格
秘書検定

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

フラワー装飾技能士

2014-12-10 15.51.53

厚生労働省が認定する、フラワーデザインに関する唯一の国家資格です。
1級から3級まであり、技能試験を受験するためには実務経験が必要とされています。

3級フラワー装飾技能士
学科試験(フラワー装飾全般に関する問題)
実技試験(花束及びリボン・バスケットアレンジメント・ブートニアの制作)

大学・短大・専門学校などを卒業した方は、実務経験期間が免除されますので、実務経験がなくても、3級を受験することができます。
なお、生花店での実務経験があれば、期間によらず3級の受験が認められます。
また、フラワーデザインに関する専門学校に在校している方、または該当の職業訓練を受けている方も、実務経験の有無にかかわらず、3級技能検定を受験することができます。

2級フラワー装飾技能士
学科試験(フラワー装飾全般に関する問題)
実技試験
Aコース(花器付盛花・コサージュ・ブーケの制作)
Bコース(籠花・贈呈用花束・花器付盛花の制作)

2級を受験するには、2年の実務経験が必要とされていますが、大学・短大・専門学校などを卒業した方は、実務経験が免除されますので、直に2級の受験が認められます。すでに3級に合格ている方は、実務経験がなくても受験することができます。
実務経験のみの方が、3級を受験せず直に2級を受験するには、2年の経験が必要とされています。

1級フラワー装飾技能士
学科試験(フラワー装飾全般に関する問題)
実技試験
(カーネーション・小菊・その他の花材を使った、立食用卓上装飾花・卓上装飾花・ブーケを制作)

1級を受験するには、7年~3年の実務経験が必要(3級・2級を受験せず、直に1級を受ける場合)とされていますが、3級に合格した後には4年、2級に合格した後には2年の実務経験があれば、1級の受験が認められます。
なお、1級を受験するために必要な実務経験は、様々な区分がありますので、厚生労働省の技能検定の受検資格一覧表で、詳しく知ることができます。

確かな国家資格であるため、技能士の資格取得者は、職場でも高く評価されます。
雇用促進法にもとづいた職業訓練・職業能力検定の一種で、各都道府県の職業能力開発協会が検定の受付・実施窓口となっています。

タグ

2014年9月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

弁理士の資格

転職しようとお考えの女性の方、なんでもいいから資格をとっておこうと安易に考えていませんか?

実は、資格を取っても多くの人が持っている資格ではアピール力に欠けてしまう可能性があるのです。

それでは、転職に有利な資格とはどのような資格でしょうか。

転職に有利な資格とは、難易度が高く、専門性を求められる資格です。

a0002_005738_m

難易度が高いほどその資格を取得している人は少ないですし、専門性を求められる資格であればその資格を持っていないと就職できません。

そんな要件を満たした資格の一つに弁理士という資格があります。

あまり一般的に知られている資格ではありませんので、ここで簡単に紹介しましょう。

弁理士とは、発明したものの特許権など、知的財産権の申請を代行する仕事をする人のことを言います。

4つの種類

知的財産権には4つの種類があります。

すなわち、特許権、実用新案権、意匠権、商標権ですが、このどれも特許庁に申請する必要があります。

この申請には煩雑な手続きがあり、多くの人は専門家に申請の代行を依頼することでしょう。

しかし、申請の代行手続きをできるのは弁理士しかいないのです。

また、弁理士は国内に6000人程度しかいないため、かなり転職には有利と言えるでしょう。

仕事先としては特許事務所や法律事務所が多いですが、企業の知的財産部に所属することもあります。

確かに資格の難易度は高いですが、そうしてまで弁理士資格を取得する価値はあります。

子育てなどで一度退職しても、弁理士資格があれば再就職が容易になるでしょう。

この機会に、弁理士の資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

タグ

2014年5月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

宅地建物取扱主任者の資格

女性が働きながら取得する資格でおすすめのものに「宅地建物取扱主任者」というものがあります。

しかし、この資格がどのようなものか知らない人も多いでしょう。

ここでは、宅地建物取扱主任者について簡単に紹介したいと思います。

宅地建物取扱主任者は不動産会社で働いています。

多くの人がアパートやマンションを不動産会社で借りたことや買ったことがあるのではないでしょうか?

そういったとき、賃貸についてや売買について、契約書を交わすときに重要事項説明を行われたのではないでしょうか。

重要事項の説明を行う前には身分証の提示があったと思います。

その時に提示されるものが宅地建物取扱主任者証です。

このような重要事項の説明は宅地建物取扱主任者でなければできない仕事です。

しかも、不動産会社には宅地建物取扱主任者を5名に1名以上設置しなければいけないという義務があります。

宅地建物取扱主任者がいなければ重要事項の説明を行えませんから、賃貸や売買の仕事ができないということを容易に想像することができますよね。

しかし、大手の不動産会社でも宅地建物取扱主任者資格がある人は半数もいません。

小規模であれば、5名に1名をなんとかクリアする程度しかいないことも多いでしょう。

つまり、宅地建物取扱主任者の資格を持っていれば不動産会社への就職は大変有利になるのです。

確かに簡単に取れる資格ではありませんが、半年の勉強で取得も可能です。

不動産会社への転職を希望するのであれば、宅地建物取扱主任者はいかがでしょうか。

タグ

2014年4月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

マンション管理士

今の仕事に満足しておらず、転職を考えている女性の方におすすめしたい資格がマンション管理士です。

mannsyonn

不動産に関係する資格なら宅地建物取引主任者を想像する人が多いと思いますが、なぜここでマンション管理士なのでしょうか。

宅地建物取引主任者は難しい資格ではあるものの、合格率は20パーセントを超えており、それなりに資格を取得している人も多いです。

しかし、マンション管理士は合格率が7パーセント程度。

難易度が高いですし、資格が新しめですのであまり資格を所有している人が少ないのです。

国家資格なので資格を持っていることの安定性は保証されていますし、大変転職に有利なのです。

以前はマンションの管理に何の資格も必要ありませんでした。

しかし、それではマンションにただ居座ればよいだけです。

マンション管理士は専門的な知識を使ってマンション管理組合の運営を行ったり、建物構想上の技術や大規模修繕、マンション維持への相談、援助、アドバイスを行います。

管理組合と管理会社の間でトラブルが起きたとき、素人では対応できません。

こんな時、マンション管理士が管理組合側としてアドバイスしてくれるため、マンションには必要不可欠なのです。

日本の経済が停滞しているとはいえ、マンションは至る所にあります。

マンション管理士の需要は大変高いと言えるでしょう。

また、マンション管理士の資格を取得しておくと宅建などの不動産に関係する資格の問題の一部免除がされるようになります。

今後のキャリアアップを見据えてもマンション管理士はおすすめできるのです。

タグ

2014年4月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

秘書検定

女性があこがれる職業の一つに秘書があります。

5bb437526f295c7132c270cb1976d687_s

秘書自体は資格がなければ絶対にできない仕事ではありませんが、資格を持っていると一定の能力を有しているということで採用する際には有利に働くことでしょう。

それでは、秘書に必要な資格とはどのようなものでしょうか。

実は秘書に関連する資格はいくつもあります。

しかし、その中で最も一般的に知られているのは秘書検定だと言えるでしょう。

秘書検定は正式には秘書技能検定と呼ばれます。

秘書検定には1級・準1級・2級・3級があり、特に1級はかなりの難関だと言われます。

秘書検定の3級であれば比較的合格がしやすく、初歩的な秘書業務を行うのに必要な知識や技能を持っているという証明にもなりますので、多くの人が受験しています。

内容としては、秘書の仕事に就いていると想定した問題がほとんどです。

しかし、マナーや待遇、ファイリングの仕方、名刺の整理方法など、幅広い知識を求められます。

秘書検定は5領域に分かれています。

秘書の資質・職務知識・一般知識・マナーや接遇・技能についての知識がなければ合格はできません。

上司の補佐が適切にできるか、秘書の仕事の範囲とはどのようなものか、社会常識は整っているか、マナーやエチケット、言葉使いがしっかりしており、来客応対などもそつなく行えるか、スケジュール管理やオフィスの整理が行えるか、といった知識は、どんな転職先でも役立つことでしょう。

最近では、秘書になりたいという人だけでなく、事務職へ転職を目指したり、スキルアップのために受験する人も多いようです。

タグ

2014年3月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

このページの先頭へ