ホームヘルパー養成研修

 高齢者の増加に伴い今ホームヘルパーという職業が注目されています。実際にホームヘルパーになるためにはどのようなことをしていくのでしょうか?

老人の手

基礎について

 (1)講師たちによる講義(2)実技研修授業(3)実際の職場での実習、の3点があります。順番に解説していきますと、(1)はいわば机の上の勉強ということになります。ここでは主に介護・ホームヘルパーとは何かといった、いわば基本的な内容の勉強に当たります。

(2)は、実際の現場を想定した体を動かした練習になります。車の運転免許を取得するために教習所に通った経験があるかと思いますが、教習所内での走行練習と似ていると置き換えれば分かりやすいかと思います。

(3)これは介護施設などで職業体験として業務を行っていきます。実際の現場を体感することによって、授業では感じることがなかった疑問点などを学ぶことによって、その仕事に対する奥深さを学ぶことが理由としてあります。同じく運転免許の例に置き換えると、教習所内での練習を終えた後に実際の道路に出て、その空気を肌で感じてもらうという目的があります。そして個人個人で学んだことを実際の運転に生かしていくのです。

やりがいの仕事です

 何かと難しそうな世界の様に感じた方もいるかもしれませんが、こうしてパズルを1つずつ分解していくと、今回一例として挙げた運転免許の取得までの道のりと、それほど変わらないということに気づくかと思います。今回に限った事ではありませんが、物事には必ずしくみというパズルのピースが存在しそれを1個ずつ分けて調べていけば、それほど複雑なものではないということがおわかりいただけたのではないでしょうか?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年3月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ