マイクロソフトオフィススペシャリストの資格

特に事務系の仕事への転職を希望している女性におすすめしたい資格がマイクロソフトオフィススペシャリストです。

マイクロソフトオフィススペシャリストはMOSとも略され、最近ではテレビでもよく取り上げられていると思います。

マイクロソフトオフィススペシャリストはその名の通り、マイクロソフト社が認定する、マイクロソフトオフィスに関する国際資格です。

パソコンを扱う業務をするのであれば、特にExcelとWordは欠かすことができないソフトだといえます。

マイクロソフトオフィススペシャリストはこのようなソフトに関する実践的なスキルと幅広い知識を持っていないと合格できない資格です。

この資格があれば、転職のときにマイクロソフトオフィスのソフトを使いこなすことができるということを簡単に証明できますので、採用する側としては非常にわかりやすいといえます。

先ほどあげたワードやエクセルだけでなく、アウトルックやパワーポイント、アクセス、ウィンドウズヴィスタの6種類の資格があります。

ソフトはバージョンが年々変わりますので、ワードの2007の資格を持っていたとしても、ワード2010の資格は別に受けねばなりません。

しかし、企業側では2010の資格を持っていないからといってそれほど評価は下がらないでしょう。

この資格はソフトが基本的に間違いなく操作できればよいため、合格はそれほど難しくありません。

パソコン操作に慣れている人であれば比較的容易に取得できる資格のため、転職の前には取得しておくとよいでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ