医療事務の資格

女性が転職を見据えて勉強する資格と言えば、一番に思い浮かぶのは医療事務ではないでしょうか。

ニュースや雑誌でも、女性が再就職しやすい資格として医療事務がよく紹介されていますよね。

それでは、医療事務とはどのような仕事で、なぜ転職に有利と言われているのでしょうか。

医療事務とはメディカルクラークとも呼ばれ、病院やクリニックなどで事務や経理などを行う仕事ができる資格のことを言います。

多くの人がイメージするパソコンを使ったデータ入力や書類の作成ももちろん医療事務の仕事の一つですが、レセプト業務や秘書業務を行うこともあり、仕事は幅広いです。

どこにでも需要がある

医療機関はどの地域にもあるため、職場が限られることはありません。

病院受付

夫の転職が多くても職場を探せますし、勤務形態が正社員だけでなく、派遣スタッフやパートタイムなどから選ぶことができるため、特に女性に人気がある資格となっています。

医療事務は民間資格のため、資格を持っていないとできない業務ではありません。

無資格でも未経験でも仕事はできます。

しかし、最近では資格を持っている人が増えてきたため、やはり医療事務の資格がないと就職できなくなりつつあるのです。

もちろん勉強せずに合格できるほど医療事務は簡単な資格ではありません。

しかし、独学で資格取得した人は多くいます。

特に仕事をしながら転職を見据え、勉強している女性は多いのです。

通信教育も多くの企業が取り扱っていますし、自分に合った勉強方法を選ぶとよいでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ