宅地建物取扱主任者の資格

女性が働きながら取得する資格でおすすめのものに「宅地建物取扱主任者」というものがあります。

しかし、この資格がどのようなものか知らない人も多いでしょう。

ここでは、宅地建物取扱主任者について簡単に紹介したいと思います。

宅地建物取扱主任者は不動産会社で働いています。

多くの人がアパートやマンションを不動産会社で借りたことや買ったことがあるのではないでしょうか?

そういったとき、賃貸についてや売買について、契約書を交わすときに重要事項説明を行われたのではないでしょうか。

重要事項の説明を行う前には身分証の提示があったと思います。

その時に提示されるものが宅地建物取扱主任者証です。

このような重要事項の説明は宅地建物取扱主任者でなければできない仕事です。

しかも、不動産会社には宅地建物取扱主任者を5名に1名以上設置しなければいけないという義務があります。

宅地建物取扱主任者がいなければ重要事項の説明を行えませんから、賃貸や売買の仕事ができないということを容易に想像することができますよね。

しかし、大手の不動産会社でも宅地建物取扱主任者資格がある人は半数もいません。

小規模であれば、5名に1名をなんとかクリアする程度しかいないことも多いでしょう。

つまり、宅地建物取扱主任者の資格を持っていれば不動産会社への就職は大変有利になるのです。

確かに簡単に取れる資格ではありませんが、半年の勉強で取得も可能です。

不動産会社への転職を希望するのであれば、宅地建物取扱主任者はいかがでしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年4月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ