医療事務の資格

女性が転職を見据えて勉強する資格と言えば、一番に思い浮かぶのは医療事務ではないでしょうか。

ニュースや雑誌でも、女性が再就職しやすい資格として医療事務がよく紹介されていますよね。

それでは、医療事務とはどのような仕事で、なぜ転職に有利と言われているのでしょうか。

医療事務とはメディカルクラークとも呼ばれ、病院やクリニックなどで事務や経理などを行う仕事ができる資格のことを言います。

多くの人がイメージするパソコンを使ったデータ入力や書類の作成ももちろん医療事務の仕事の一つですが、レセプト業務や秘書業務を行うこともあり、仕事は幅広いです。

どこにでも需要がある

医療機関はどの地域にもあるため、職場が限られることはありません。

病院受付

夫の転職が多くても職場を探せますし、勤務形態が正社員だけでなく、派遣スタッフやパートタイムなどから選ぶことができるため、特に女性に人気がある資格となっています。

医療事務は民間資格のため、資格を持っていないとできない業務ではありません。

無資格でも未経験でも仕事はできます。

しかし、最近では資格を持っている人が増えてきたため、やはり医療事務の資格がないと就職できなくなりつつあるのです。

もちろん勉強せずに合格できるほど医療事務は簡単な資格ではありません。

しかし、独学で資格取得した人は多くいます。

特に仕事をしながら転職を見据え、勉強している女性は多いのです。

通信教育も多くの企業が取り扱っていますし、自分に合った勉強方法を選ぶとよいでしょう。

タグ

2013年1月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

販売士の資格

転職を考えている女性のみなさん、販売士検定試験を知っていますか。

さまざまな資格取得がニュースで取り上げられるようになり、多くの女性が資格に興味を持っていると思いますが、販売士は特に転職に有利なのです。

それでは、販売士とはどのような資格なのか、簡単に説明しましょう。

販売士検定試験は実は30年以上の歴史ある資格です。

販売士検定試験に合格した人は販売士と呼ばれますが、この人たちは販売のプロと呼ばれます。

販売技術だけでなく、商品そのものの知識や仕入れ方法、在庫管理、マーケティングなどの豊富な知識を持たねば販売士検定試験には合格できません。

販売士検定試験は1級・2級・3級があり、1級の試験では筆記試験が250分間あります。

筆記試験の内容は、小売業の類型、マーチャンダイジング、ストアオペレーション、マーケティング、販売・経営管理の5科目です。

また、1級の試験では面接試験も課され、表現力や説得力、問題意識を問われることになります。

どの級からでも受験できますが、3級は主に売り場の担当者、2級は売り場主任、部課長などの中堅幹部クラス、1級は大規模小売店の店長や部長クラス・中小小売業の経営者クラスがそれぞれ対象となっています。

流通業界は今好調です。

この流通業界なら未経験がOKのことが多いですし、そのなかで販売士の資格があれば転職に大変有利です。

企業内でのキャリアアップにも効果的ですので、ぜひ販売士について検討してみてはいかがでしょうか。

タグ

2013年1月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

マイクロソフトオフィススペシャリストの資格

特に事務系の仕事への転職を希望している女性におすすめしたい資格がマイクロソフトオフィススペシャリストです。

マイクロソフトオフィススペシャリストはMOSとも略され、最近ではテレビでもよく取り上げられていると思います。

マイクロソフトオフィススペシャリストはその名の通り、マイクロソフト社が認定する、マイクロソフトオフィスに関する国際資格です。

パソコンを扱う業務をするのであれば、特にExcelとWordは欠かすことができないソフトだといえます。

マイクロソフトオフィススペシャリストはこのようなソフトに関する実践的なスキルと幅広い知識を持っていないと合格できない資格です。

この資格があれば、転職のときにマイクロソフトオフィスのソフトを使いこなすことができるということを簡単に証明できますので、採用する側としては非常にわかりやすいといえます。

先ほどあげたワードやエクセルだけでなく、アウトルックやパワーポイント、アクセス、ウィンドウズヴィスタの6種類の資格があります。

ソフトはバージョンが年々変わりますので、ワードの2007の資格を持っていたとしても、ワード2010の資格は別に受けねばなりません。

しかし、企業側では2010の資格を持っていないからといってそれほど評価は下がらないでしょう。

この資格はソフトが基本的に間違いなく操作できればよいため、合格はそれほど難しくありません。

パソコン操作に慣れている人であれば比較的容易に取得できる資格のため、転職の前には取得しておくとよいでしょう。

タグ

2013年1月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

英検

女性が転職を考えたときに使える資格にはいくつかありますが、特に外資系の会社に転職したいと考えている人におすすめなのは英検でしょう。

それでは、英検は本当に転職に有利なのでしょうか。

英検とは、正式には実用英語検定と呼ばれます。

語学系の資格にはTOEICと英検がありますが、TOEICよりも2倍の受験者がおり、日本で最も受験者が多い英語試験と言われています。

どちらかというと昔はビジネスに役立つのは英検よりもTOEICだと言われていました。

それは、過去の英検が「受験英語的」で実用性が乏しく、ビジネスの話題が少ないという指摘を受けていたからです。

しかし、特に1級と準1級で実践的な内容を組み込むようになり、企業も英検の評価を見直してきました。

英検1級についての企業評価は非常に高いといえ、転職の際に英検1級があればかなり強いアピール力を発揮するといえます。

しかし、英検1級の取得はかなりの努力が必要です。

英語が多少得意という程度であれば、とりあえず準1級を目指すのがいいかもしれません。

ちなみに英検2級以下では転職に有利とは言い難いため、注意が必要です。

諸外国では有利に働く資格でも、日本では知名度がないと転職の際にアピール力はあまりありません。

英検には国際英検と呼ばれるものもあり、非常に評価は高いのですが、やはり企業にとっては実用英語検定やTOEICのほうが影響力は高いようです。

難易度の高い国際英検を取得できる知識があるのであれば、英検の受験も併せて考えたほうがよさそうです。

タグ

2013年1月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

このページの先頭へ