秘書検定

女性があこがれる職業の一つに秘書があります。

5bb437526f295c7132c270cb1976d687_s

秘書自体は資格がなければ絶対にできない仕事ではありませんが、資格を持っていると一定の能力を有しているということで採用する際には有利に働くことでしょう。

それでは、秘書に必要な資格とはどのようなものでしょうか。

実は秘書に関連する資格はいくつもあります。

しかし、その中で最も一般的に知られているのは秘書検定だと言えるでしょう。

秘書検定は正式には秘書技能検定と呼ばれます。

秘書検定には1級・準1級・2級・3級があり、特に1級はかなりの難関だと言われます。

秘書検定の3級であれば比較的合格がしやすく、初歩的な秘書業務を行うのに必要な知識や技能を持っているという証明にもなりますので、多くの人が受験しています。

内容としては、秘書の仕事に就いていると想定した問題がほとんどです。

しかし、マナーや待遇、ファイリングの仕方、名刺の整理方法など、幅広い知識を求められます。

秘書検定は5領域に分かれています。

秘書の資質・職務知識・一般知識・マナーや接遇・技能についての知識がなければ合格はできません。

上司の補佐が適切にできるか、秘書の仕事の範囲とはどのようなものか、社会常識は整っているか、マナーやエチケット、言葉使いがしっかりしており、来客応対などもそつなく行えるか、スケジュール管理やオフィスの整理が行えるか、といった知識は、どんな転職先でも役立つことでしょう。

最近では、秘書になりたいという人だけでなく、事務職へ転職を目指したり、スキルアップのために受験する人も多いようです。

タグ

2014年3月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

ホームヘルパー養成研修

 高齢者の増加に伴い今ホームヘルパーという職業が注目されています。実際にホームヘルパーになるためにはどのようなことをしていくのでしょうか?

老人の手

基礎について

 (1)講師たちによる講義(2)実技研修授業(3)実際の職場での実習、の3点があります。順番に解説していきますと、(1)はいわば机の上の勉強ということになります。ここでは主に介護・ホームヘルパーとは何かといった、いわば基本的な内容の勉強に当たります。

(2)は、実際の現場を想定した体を動かした練習になります。車の運転免許を取得するために教習所に通った経験があるかと思いますが、教習所内での走行練習と似ていると置き換えれば分かりやすいかと思います。

(3)これは介護施設などで職業体験として業務を行っていきます。実際の現場を体感することによって、授業では感じることがなかった疑問点などを学ぶことによって、その仕事に対する奥深さを学ぶことが理由としてあります。同じく運転免許の例に置き換えると、教習所内での練習を終えた後に実際の道路に出て、その空気を肌で感じてもらうという目的があります。そして個人個人で学んだことを実際の運転に生かしていくのです。

やりがいの仕事です

 何かと難しそうな世界の様に感じた方もいるかもしれませんが、こうしてパズルを1つずつ分解していくと、今回一例として挙げた運転免許の取得までの道のりと、それほど変わらないということに気づくかと思います。今回に限った事ではありませんが、物事には必ずしくみというパズルのピースが存在しそれを1個ずつ分けて調べていけば、それほど複雑なものではないということがおわかりいただけたのではないでしょうか?

タグ

2014年3月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

このページの先頭へ