宅地建物取扱主任者の資格

女性が働きながら取得する資格でおすすめのものに「宅地建物取扱主任者」というものがあります。

しかし、この資格がどのようなものか知らない人も多いでしょう。

ここでは、宅地建物取扱主任者について簡単に紹介したいと思います。

宅地建物取扱主任者は不動産会社で働いています。

多くの人がアパートやマンションを不動産会社で借りたことや買ったことがあるのではないでしょうか?

そういったとき、賃貸についてや売買について、契約書を交わすときに重要事項説明を行われたのではないでしょうか。

重要事項の説明を行う前には身分証の提示があったと思います。

その時に提示されるものが宅地建物取扱主任者証です。

このような重要事項の説明は宅地建物取扱主任者でなければできない仕事です。

しかも、不動産会社には宅地建物取扱主任者を5名に1名以上設置しなければいけないという義務があります。

宅地建物取扱主任者がいなければ重要事項の説明を行えませんから、賃貸や売買の仕事ができないということを容易に想像することができますよね。

しかし、大手の不動産会社でも宅地建物取扱主任者資格がある人は半数もいません。

小規模であれば、5名に1名をなんとかクリアする程度しかいないことも多いでしょう。

つまり、宅地建物取扱主任者の資格を持っていれば不動産会社への就職は大変有利になるのです。

確かに簡単に取れる資格ではありませんが、半年の勉強で取得も可能です。

不動産会社への転職を希望するのであれば、宅地建物取扱主任者はいかがでしょうか。

タグ

2014年4月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

マンション管理士

今の仕事に満足しておらず、転職を考えている女性の方におすすめしたい資格がマンション管理士です。

mannsyonn

不動産に関係する資格なら宅地建物取引主任者を想像する人が多いと思いますが、なぜここでマンション管理士なのでしょうか。

宅地建物取引主任者は難しい資格ではあるものの、合格率は20パーセントを超えており、それなりに資格を取得している人も多いです。

しかし、マンション管理士は合格率が7パーセント程度。

難易度が高いですし、資格が新しめですのであまり資格を所有している人が少ないのです。

国家資格なので資格を持っていることの安定性は保証されていますし、大変転職に有利なのです。

以前はマンションの管理に何の資格も必要ありませんでした。

しかし、それではマンションにただ居座ればよいだけです。

マンション管理士は専門的な知識を使ってマンション管理組合の運営を行ったり、建物構想上の技術や大規模修繕、マンション維持への相談、援助、アドバイスを行います。

管理組合と管理会社の間でトラブルが起きたとき、素人では対応できません。

こんな時、マンション管理士が管理組合側としてアドバイスしてくれるため、マンションには必要不可欠なのです。

日本の経済が停滞しているとはいえ、マンションは至る所にあります。

マンション管理士の需要は大変高いと言えるでしょう。

また、マンション管理士の資格を取得しておくと宅建などの不動産に関係する資格の問題の一部免除がされるようになります。

今後のキャリアアップを見据えてもマンション管理士はおすすめできるのです。

タグ

2014年4月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

このページの先頭へ