ホームヘルパー養成研修

 高齢者の増加に伴い今ホームヘルパーという職業が注目されています。実際にホームヘルパーになるためにはどのようなことをしていくのでしょうか?

老人の手

基礎について

 (1)講師たちによる講義(2)実技研修授業(3)実際の職場での実習、の3点があります。順番に解説していきますと、(1)はいわば机の上の勉強ということになります。ここでは主に介護・ホームヘルパーとは何かといった、いわば基本的な内容の勉強に当たります。

(2)は、実際の現場を想定した体を動かした練習になります。車の運転免許を取得するために教習所に通った経験があるかと思いますが、教習所内での走行練習と似ていると置き換えれば分かりやすいかと思います。

(3)これは介護施設などで職業体験として業務を行っていきます。実際の現場を体感することによって、授業では感じることがなかった疑問点などを学ぶことによって、その仕事に対する奥深さを学ぶことが理由としてあります。同じく運転免許の例に置き換えると、教習所内での練習を終えた後に実際の道路に出て、その空気を肌で感じてもらうという目的があります。そして個人個人で学んだことを実際の運転に生かしていくのです。

やりがいの仕事です

 何かと難しそうな世界の様に感じた方もいるかもしれませんが、こうしてパズルを1つずつ分解していくと、今回一例として挙げた運転免許の取得までの道のりと、それほど変わらないということに気づくかと思います。今回に限った事ではありませんが、物事には必ずしくみというパズルのピースが存在しそれを1個ずつ分けて調べていけば、それほど複雑なものではないということがおわかりいただけたのではないでしょうか?

タグ

2014年3月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

行政書士の資格

女性でも活躍できる仕事に必要な資格の一つに、行政書士という資格があります。hhonnwohitaku

行政書士は大手の通信教育会社では国家資格の人気ナンバーワンとなっている資格です。

しかし、行政書士とはどのような資格なのかご存知の方は少ないのではないでしょうか。

行政書士がどのような資格なのか、この資格を持っているとどのようなメリットがあるのか簡単に紹介しようと思います。

行政書士とは、法律の専門家です。

法律の専門家というと弁護士や税理士を想像する人が多いかもしれませんが、弁護士や税理士に比べて敷居が低いため、身近な人が法律手続きを行ったり相談したりするときに頼りやすいと評判なのです。

そのため、行政書士は「たよれる街の法律家」と呼ばれるようなこともあります。

大変幅広い業務を引き受けることができる資格のため、女性が就職するうえでも非常に役立つ資格であるといえます。

また、独陸開業もしやすい資格のため、いつか会社に勤めるのではなく自力で仕事を行いたいと考えている女性にとっても良いでしょう。

行政書士事務所や行政書士法人といったところの就職にはもちろんですが、一般企業においても行政書士の資格を持っていると強いアピールが可能となります。

特に法務部がある会社では活躍が期待できると思います。

弁護士や税理士と同じような仕事を受け持つこともありますが、資格の難易度は司法試験や公認会計士、税理士と比べて行政書士はかなり低くなっています。

仕事をしながら勉強をする上でも、転職するうえでも行政書士をおすすめできるのはこのためです。

タグ

2014年2月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

介護福祉士

 福祉施設において高齢者や身障者の生活をバックアップする仕事です。まちにでると老人福祉施設の建設ラッシュが目に映ると思います。日本は4人に1人が65歳以上という、超高齢者社会に向けてまっしぐらに進んでいることがわかります。これだけでも介護福祉士の社会的ニーズが増大していることが理解できると思います。介護福祉士の需要を満たすことができずに、インドネシアなど海外の人を雇用するケースまであります。

介護士

 なるためには、様々なルートがあります。実務経験から、福祉系の高校から、養成施設を経由するなど様々ありますから、なりたい方はご自分のキャリアにあわせて無理なく取得できることと思います。

やりがいのある仕事

 この仕事はなってみて初めて仕事の困難さに気づかれる方が多いようです。入居者の症状・性格・体調など十人十色です。従って、相手の状態を正確にキャッチできる観察力が必要となります。また、接客業としての側面もあります。ルーティーンワークになりがちな仕事ですが、血の通った暖かい対応が重要となります。さらに、要介護者と看護師、医者、栄養士、要介護者の家族の間を取り持つキーパーソンです。柔軟な人間関係を構築できる方には最適です。
 仕事の量に収入が似合っていないとの意見もありますが、目先に惑わされず経験を積み重ねればやりがいのある仕事であるといえます。

タグ

2014年1月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

医療事務の資格

女性が転職を見据えて勉強する資格と言えば、一番に思い浮かぶのは医療事務ではないでしょうか。

ニュースや雑誌でも、女性が再就職しやすい資格として医療事務がよく紹介されていますよね。

それでは、医療事務とはどのような仕事で、なぜ転職に有利と言われているのでしょうか。

医療事務とはメディカルクラークとも呼ばれ、病院やクリニックなどで事務や経理などを行う仕事ができる資格のことを言います。

多くの人がイメージするパソコンを使ったデータ入力や書類の作成ももちろん医療事務の仕事の一つですが、レセプト業務や秘書業務を行うこともあり、仕事は幅広いです。

どこにでも需要がある

医療機関はどの地域にもあるため、職場が限られることはありません。

病院受付

夫の転職が多くても職場を探せますし、勤務形態が正社員だけでなく、派遣スタッフやパートタイムなどから選ぶことができるため、特に女性に人気がある資格となっています。

医療事務は民間資格のため、資格を持っていないとできない業務ではありません。

無資格でも未経験でも仕事はできます。

しかし、最近では資格を持っている人が増えてきたため、やはり医療事務の資格がないと就職できなくなりつつあるのです。

もちろん勉強せずに合格できるほど医療事務は簡単な資格ではありません。

しかし、独学で資格取得した人は多くいます。

特に仕事をしながら転職を見据え、勉強している女性は多いのです。

通信教育も多くの企業が取り扱っていますし、自分に合った勉強方法を選ぶとよいでしょう。

タグ

2013年1月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

販売士の資格

転職を考えている女性のみなさん、販売士検定試験を知っていますか。

さまざまな資格取得がニュースで取り上げられるようになり、多くの女性が資格に興味を持っていると思いますが、販売士は特に転職に有利なのです。

それでは、販売士とはどのような資格なのか、簡単に説明しましょう。

販売士検定試験は実は30年以上の歴史ある資格です。

販売士検定試験に合格した人は販売士と呼ばれますが、この人たちは販売のプロと呼ばれます。

販売技術だけでなく、商品そのものの知識や仕入れ方法、在庫管理、マーケティングなどの豊富な知識を持たねば販売士検定試験には合格できません。

販売士検定試験は1級・2級・3級があり、1級の試験では筆記試験が250分間あります。

筆記試験の内容は、小売業の類型、マーチャンダイジング、ストアオペレーション、マーケティング、販売・経営管理の5科目です。

また、1級の試験では面接試験も課され、表現力や説得力、問題意識を問われることになります。

どの級からでも受験できますが、3級は主に売り場の担当者、2級は売り場主任、部課長などの中堅幹部クラス、1級は大規模小売店の店長や部長クラス・中小小売業の経営者クラスがそれぞれ対象となっています。

流通業界は今好調です。

この流通業界なら未経験がOKのことが多いですし、そのなかで販売士の資格があれば転職に大変有利です。

企業内でのキャリアアップにも効果的ですので、ぜひ販売士について検討してみてはいかがでしょうか。

タグ

2013年1月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:女性の資格

このページの先頭へ